不倫の子

  • 2012.06.05 Tuesday
  • 01:41
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
【出演】 市毛良枝、山本圭、児島美ゆき 他
【放送】 1984年(テレ朝)

娘の戸籍謄本の父親の欄に前夫の名前が!娘の戸籍を巡る戸籍裁判の実録ドラマ。

娘が小学校に入学するため戸籍謄本を取り寄せた母親は父親の欄を目にして愕然とする。そこに書かれていたのは夫の名前ではなく、離婚した前夫の名前が書きこまれていた。

七年前、保険の外交員として働く女は夫との関係に悩んでいた。既に夫婦関係は破綻しており、ただ惰性で夫婦を続けている状態。思い余って信頼できる会社の上司に相談した女は、上司から言われた通り離婚に向けて準備を始める。問題だらけの夫との離婚は順調に思えたが、女と上司が一線を越えてしまった事から暗雲が立ち込める。

法律上、夫婦関係が破綻していたとしても、婚姻関係にある場合は妻に子供が出来ると自動的に夫が父親として記載される。それは不倫の子ではっきり父親が違うと判っている場合でも同じ処理が行われる。そうしなければ相続問題などややこしい問題が起こるためなのだが、何とも融通の利かない時代錯誤な法律である。この法律に則って子供の父親が決まるので、当然ながらこのドラマのようなケースでは生まれた娘の戸籍の父親の欄に前夫が記載されてしまう。

但し、あまりにも不用意じゃないかと思うのも事実。離婚が成立する前にムードに任せて不倫、妊娠って・・・。離婚に向けて用意周到に準備をしてきたにも関わらず、その行為だけで全て台無し。その上、七年間も娘の戸籍に前夫の名前が記載されている事に気付かなかったというのもあまりにも迂闊過ぎないだろうか?

まあ、そんなこんなで娘の戸籍上の父親を、本来の父親である今の夫に変更しようという訴えを起こし、裁判で前夫と争っていく軌跡を辿ったドラマとなっている。戸籍裁判がどれだけ難しいのかを示した一例として見るには良いサンプルになっているとは思う。

満足度は★★★★
にほんブログ村 テレビブログ 推理・サスペンスドラマへ
コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM